ホーム > コンプライアンス

コンプライアンス(法令等遵守)の体制

 玉島信用金庫は、これまで金融機関としての社会的責任と公共的使命を十分自覚し、業務を遂行してまいりました。今後も地域の一層の信頼性確保に努めるため、単にコンプライアンスに止まらず、社会人としての健全な常識や、より高い倫理観をもって、業務活動を展開し、社会的責任を果たしてまいります。

1.コンプライアンスの基本方針

 玉島信用金庫においてコンプライアンスを実践するための基本方針として「玉島信用金庫行動綱領」を定めております。

■ 玉島信用金庫行動綱領

  1. 信用金庫のもつ社会的責任と公共的使命を常に自覚し、健全な業務運営に努める。
  2. 創意と工夫を活かし、お客さまのニーズに応えるとともに、セキュリティレベルの向上や災害時の業務継続確保など顧客保護にも十分配慮した質の高いサービスの提供等を通じて、地域社会の発展に貢献する。
  3. あらゆる法令やルールを厳格に遵守し、誠実かつ公正な業務運営を行う。
  4. 経営等の情報の積極的ディスクローズと、コミュニケーションの充実を図る。
  5. 職員の個性を尊重するとともに、人権を侵害し、名誉、尊厳を傷つけるハラスメントが発生しない、安全で働きやすい環境を確保する。
  6. 環境保全活動を通じて、環境問題に積極的に取り組む。
  7. 社会とともに歩む良き企業市民として、積極的に社会貢献活動に取り組む。
  8. 社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力は排除し、関係遮断を徹底する。

2.コンプライアンス体制の整備

 コンプライアンスとは、法令をはじめ金庫内の諸規定さらには確立された社会規範にいたるまでのあらゆるルールを遵守することです。 当金庫では、役職員が一丸となってコンプライアンス体制の強化に取り組んでいます。 具体的には、統括部署として「コンプライアンス委員会」を設置し、定期的に問題点の検討改善、コンプライアンスに係る企画・立案・推進を行うほか、営業店・本部にコンプライアンス担当者を配置し、コンプライアンス体制の確保と違反行為の未然防止、早期発見に取り組んでいます。

3.コンプライアンスの徹底

 全役職員に「コンプライアンス・マニュアル」を配布し、集合研修や職場内研修を通じてその徹底を図るとともに、コンプライアンスを実現するための具体的実践計画である「コンプライアンス・プログラム」を策定し、コンプライアンスの徹底に取り組んでおります。
 また、組織としてコンプライアンスの職場風土を築くため、常務会、支店長会議、諸会議、朝礼等あらゆる機会をとらえ下記のことを役職員一人ひとりに浸透させるよう努めております

  1. 経営理念・基本方針・行動綱領・就業規則等の徹底
  2. 「行動指針20則」の徹底
  3. 信用金庫職員の服務と倫理の徹底