ホーム > お知らせ一覧 > インターネットバンキングを悪用した還付金詐欺にご注意ください

お知らせ

インターネットバンキングを悪用した還付金詐欺にご注意ください

2017/08/25

【インターネットバンキングを悪用した還付金詐欺にご注意ください!】

平成29年8月25日


他金融機関で、インターネットバンキングを悪用した還付金詐欺が発生しています。
「暗証番号」や「お客さまカードの番号(利用者番号)」を決して他人に教えないよう十分ご注意ください。


<発生している詐欺の手口>
1.
市役所や社会保険事務所、保険会社などを装って、「社会保険料の還付金や保険金の返金があるので、必要書類を送付する」との電話があり、後日、信用金庫のインターネットバンキング申込書がお客さまあてに送付される。
2. お客さまがインターネットバンキングのお申込みを行ったのち、契約カード(お客さまカード)が送られてきた頃を見計らって、再度、犯人から「還付の手続きのため、暗証番号やお客さまカードの番号(利用者番号)を教えてほしい」といった電話がある。
3. その後、犯人は聞き出した暗証番号やお客さまカードの番号(利用者番号)でインターネットバンキングにログインし、お客さまの口座から不正な取引により、犯人の口座に振込みが行われ、即時に払い出されてしまう。


<被害にあわないために(お客さまにご注意いただきたい事項)>
1.
インターネットバンキングのお申込みによって、保険金等の還付手続きが行われることはありません。
2. 市役所や社会保険事務所、当金庫の職員等が、電話などで「暗証番号」や「お客さまカードの番号(利用者番号)」を直接お聞きすることはありません。
「暗証番号」や「お客さまカードの番号(利用者番号)」を決して他人に教えないでください。
3. 上記のような詐欺の手口、暗証番号等を他人に教えてしまった等のお心当たりがございましたら、お取引店舗までご連絡ください。
ご利用停止等のお手続きを行います。