ホーム > 預かり資産 > 投資信託 > 投資信託のリスク

投資信託のリスク

よく使う投資信託用語

投資信託は値動きのある株式や債券などに投資しますので、預貯金のように元本や利回りの保証はなく、将来どのくらいの価値になるのかがあらかじめ約束されていません。
また投資信託はリスクを含む商品であり、その運用実績は、その信託財産に組み入れられた株式・債券などの価格変動、その発行者の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部機関の評価の変化その他の信用状況の変化等、金利・為替相場の変動など市場環境の変化などにより変動します。
また「リスク」と「リターン」は相対関係にあるため、高いリターンを期待できる商品はそれだけ高いリスクを負っています。
投資信託をご購入の際は「目論見書」と「目論見書補完書面」の内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。

投資信託のおもなリスクとは?

  • 価格変動リスク
    投資信託が組み入れている株式や債券等は、政治・経済情勢、発行企業の業績、市場の需給等様々な要因によって価格が変動します。価格が変動すればファンドの基準価額の変動要因となるため、投資元本を割り込むことがあります。
  • 金利変動リスク
    一般に金利が上がった場合に債券の価格は下落し、逆に金利が下がった場合に債券の価格は上昇します。また残存期間が長期の債券は、短期のものより金利変動に大きく作用される傾向にあります。特に、債券を多く組み入れている投資信託の場合は、金利変動の影響を受けやすく基準価額が下落する要因となります。
  • 為替リスク
    外国の株式や債券に投資する場合、為替相場の変動により資産価値が減少することがあります。一般に当該資産の通貨に対し円高となった場合には、基準価額が下落する要因となります。
  • 信用リスク(デフォルトリスク)
    株式や債券等の発行体が経営不安、倒産等に陥った場合、またその可能性が高まった場合等には、当該発行体の発行する有価証券の価格が下落し、場合によっては投資資金が回収不能になることもあります。組入有価証券がこうした状況に陥った場合、基準価額が下落する要因となります。この信用リスクを判断する材料として格付機関の評価である「格付け」が利用されています。
  • 市場流動性リスク
    有価証券を市場で売買する場合、需給動向により希望する価格・時期で売買することができなくなり、非常に不利な価格で売却しなければならなくなるなどの可能性があり、組入有価証券の流動性が損なわれた場合には、基準価額が下落する要因となります。
  • カントリーリスク
    投資対象国の政治・経済情勢の混乱や不安定化、資本・外国為替に関する規制などの影響により市場が変動し、投資元本を割り込むことがあります。また一般的に、投資対象が新興国の場合、先進国に比べて相対的に大きなカントリーリスクが内在します。
  • 不動産投資信託(リート)のリスク
    不動産投資信託(リート)の場合、不動産を実質的な投資対象としているため、固有のリスクとして、火災・自然災害等の影響や、不動産にかかる法制度の変更等により収益・資産価値の低下を誘引し、基準価額が下落することがあります。

※ これらのリスクを軽減させるため、分散投資、長期保有をお勧めします。

ページの先頭へ

投資信託のご購入時の注意事項

  • 投資信託は預金、保険契約ではなく、預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
  • 玉島信用金庫が取り扱う投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  • 玉島信用金庫は投資信託の販売会社であり、投資信託の設定・運用は各運用会社(投資信託委託会社)が行います。
  • 投資信託は預貯金と異なり、元本および利回り保証はありません。また、過去の運用実績は、将来の運用成果を約束するものではありません。
  • 投資信託は、組入れ有価証券等の価格下落や、発行者の信用状況の悪化等の影響により基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。また、外貨建て資産に投資する場合には、上記要因に加え為替相場の変動等の影響により、元本欠損が生ずることがあります。
  • 投資信託の運用による利益および損失は、ご購入されたお客様に帰属します。
  • 一部の投信信託には、お取引可能日時があらかじめ制限されているものがあります。また、金融商品取引所等の取引停止等やむを得ない事情があるときは、お取引の申込受付を中止すること等があります。
  • 投資信託の取引のお申込に関しては、クーリングオフ(書面による解除)の適用はありません。
  • 玉島信用金庫では、個人のお客様の取り扱いは、原則20歳以上の方に限らせていただきます。
  • 投資信託をご購入にあたっては、 あらかじめ最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」等で必ず内容をご確認のうえ、ご自身でご判断下さい。「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」等は、玉島信用金庫の本支店にご用意しています。

投資信託に関する手数料の概要

  • 投資信託のお取引に際してご負担いただく費用には以下のものがあります。(玉島信用金庫で販売中の投資信託のうち上限のものを表示しています。)
    ※ 申込手数料(ご購入時) 買付時の一口当たりの基準価格に、最大3.24%(消費税込)の申込手数料率、買付口数を乗じて得た額をご負担いただきます。
    ※ 信託報酬(保有時) 投資信託の純資産総額の最大年1.944%(消費税込)を、信託財産を通じてご負担いただきます。(ただし、運用成果に応じてご負担いただく実績報酬は除きます。)
    ※ 信託財産留保額(ご換金時) 換金時の一口当たりの基準価額に、最大0.5%の料率、換金口数を乗じて得た額をご負担いただきます。
    実際の費用はファンド毎に異なります。その他詳細につきましては、各ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)等でご確認ください。なお、投資信託に関する手数料の合計は、お申込金額、保有期間等により異なりますので表示することはできません。

当資料は玉島信用金庫が独自に作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。

記載の内容は平成26年4月1日現在のものです。

商 号 等 玉島信用金庫 登録金融機関 中国財務局長(登金)第30号 加入協会なし
〒713-8686 岡山県倉敷市玉島1438番地
お問い合わせ先 玉島信用金庫本支店の窓口
ページの先頭へ