ホーム

個人型確定拠出年金

個人型確定拠出年金とは?

個人型確定拠出年金は公的年金に上乗せする年金制度で、加入される方ご自身が
運用商品や掛金の額を決め、その運用結果によって将来受け取る年金額が決まる年金制度です。
個人型確定拠出年金により、税制メリットを受けながら老後資金を積み立てていただくことができます。
米国の内国歳入法401条K項にもとづく制度を参考としたことから「日本版401k」とも呼ばれています。

当金庫の取扱う個人型確定拠出年金は、確定拠出年金の運営管理機関である 東京海上日動火災保険株式会社と提携し、取次業務を行っています。

詳しい商品詳細等につきましては、『東京海上日動 確定拠出年金』をご覧下さい。
※上記リンク先は、東京海上日動のホームページとなります。


特徴

ゝ鮟仍 原則、60歳になるまで拠出します
 ※「毎月お金を積み立てる」=「掛金を拠出する」といいます。
  • 「全額所得控除」=「掛金×税率」分の税額が少なくなります。
    確定拠出年金の掛金は全額が小規模企業共済等掛金控除の対象となります。
運用時 あらかじめ提示された運用商品の中から加入者が自由に選び運用を行います。
  • 「運用益非課税」=運用益に税金はかかりません。    
    一般的な金融商品では運用益に対して税金がかかりますが、確定拠出年金では運用益に    
    税金はかかりません。    
    ※退職年金等(確定拠出年金)の積立金は特別法人税等の対象となりますが、現在課税    
     停止中です。
受給時 60歳以降、受取方法を選べます。(年金、一時金、年金と一時金の併用)
  • 運用成果によって受取金額は異なります。
  • 受取り方法によって「公的年金等控除」、「退職所得控除」が適用されます。    

    <年金として定期的に受け取る場合>    
    雑所得(公的年金等)として課税されますが、「公的年金等控除」が適用されます。    

    <一時金として一括で受け取る場合>    
    退職所得として課税されますが、「退職所得控除」が適用されます。    
    ※確定拠出年金以外の退職手当を受け取った場合は、「退職所得の源泉徴収票・特別    
     徴収票」(コピー)が必要になります。
じ饗А■僑虻个泙任療喘罎琉出し、脱退はできません。
  ※ただし、脱退用件を満たす場合に限り、脱退することができます。