ホーム >当金庫の「経営者保証に関するガイドライン」への対応について

当金庫の「経営者保証に関するガイドライン」への対応について

平成26年2月1日
お客様各位
玉島信用金庫
理事長 大熊龍彦


当金庫の「経営者保証に関するガイドライン」への対応について


 当金庫は従前より、お借入の際にご提供いただく個人保証につきましては、ご契約時に、保証に関するお客様のご意思を慎重に確認させていただくなどの対応に努めてまいりました。
この度、平成25年12月5日に「経営者保証に関するガイドライン研究会」(全国銀行協会および日本商工会議所が事務局)において「経営者保証に関するガイドライン」が公表されました。
本ガイドラインは、保証契約時等の対応として、(1)中小企業が経営者保証を提供することなく資金調達を希望する場合に必要な経営状況、(2)やむを得ず保証契約を締結する際の保証の必要性についての説明や適切な保証金額の設定に関する債権者の努力義務、(3)事業承継時等における既存の保証契約の適切な見直し等について規定しています。
また、保証債務を整理する際の対応として、(1)経営者の経営責任の在り方、(2)保証人の手元に残す資産の範囲についての考え方、(3)保証債務の一部履行後に残った保証債務の取扱いに関する考え方等について規定しています。
当金庫では経営者保証の課題と真摯に対峙し、経営者保証に依存しない融資の促進、中小企業の皆様方の取引意欲・活力の増進を図り、地域経済の活性化に資するため「経営者保証に関するガイドライン」を尊重し、遵守してまいります。